歌仙兼定

現存する太刀 

名刀工・二代兼定により打たれ、肥後熊本藩の大名細川忠興の愛刀であったといわれる。

一時行方不明になるも、昭和の初めに再び細川家へと戻った。

現在は細川家ゆかりの品を管理する永青文庫にて保管されており、2016年夏の展示にて公開予定である。

 

永青文庫

〒112-0015 東京都文京区目白台1-1-1 TEL:03-3941-0850

 

東京都文京区目白台1-1-1

 

 



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ