宗三左文字

現存する太刀 重要文化財

持ち主が阿波の三好宗三だったため、「宗三左文字」と呼ばれるようになったと伝えられる。

後に秀吉に献上され、最終的には徳川家康に贈られた。

建勲神社(たけいさおじんじゃ)に保管。

最近の刀人気にこたえるべく、企画あり。→ 京都刀剣御朱印めぐり

 

建勲神社
〒603-8227 京都市北区紫野北舟岡町49 
電話:075-451-0170 

京都市北区紫野北舟岡町49

 

 



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ