「東京国立博物館」タグの記事一覧

厚藤四郎

現存する短刀 国宝短刀の中でもさらに小ぶりな刀である。黒田官兵衛、豊臣秀次が所持していたとされる。 現在は東京国立博物館に保管。東京国立博物館〒110-8712 東京都台東区上野公園13-9展示の問い合わせ:0・・・

大包平

現存する太刀 国宝 地鉄、刃文ともに美しく、マッカーサー総帥も欲したほどだといわれる。池田輝政が所持していた。 現在は国立博物館に保管。年に一度のペースで期間限定公開されている模様。東京国立博物館〒110-87・・・

鳴狐

現存する打刀 重要文化財 刀工・粟田口国吉の作。その腕は住吉大明神が宝剣を頼みに来るほどだといわれた。現在は東京国立博物館に保管。 東京国立博物館〒110-8712 東京都台東区上野公園13-9展示の問い合わせ・・・

大般若長光

現存する太刀 国宝大般若経にあやかってこの銘がつけられたといわれる。織田信長、徳川家康の手を経て、奥平信昌に下賜された。 東京国立博物館にて保管。期間限定で公開されることがあり、近年では2015年2月に同博物館・・・

小龍景光

現存する太刀 国宝楠木正成が自害するまで佩刀していたといわれる。東京国立博物館にて保管。期間限定で公開されることがあり、近年では2015年5月に公開された。 東京国立博物館〒110-8712 東京都台東区上野公・・・

童子切安綱

現存する太刀 国宝日本刀草創期の名刀といわれる。現在は東京国立博物館に保管されている。 東京国立博物館〒110-8712 東京都台東区上野公園13-9展示の問い合わせ:03-5777-8600(ハローダイヤル)

獅子王

現存する太刀 重要文化財指定実は製作者も不明、かつ、本当にこの銘であったのかも不明であるといわれる。現在は東京国立美術館に保管。常設ではないか期間限定で展示されることがある。近年では2015年10月14日~2015年12・・・

三日月宗近

現存する太刀 国宝東京国立博物館にて保管。常設の展示ではないがまれに期間限定で「三日月宗近」が公開される。近年では、2015年5月から7月まで公開されていた。 東京国立博物館〒110-8712 東京都台東区上野・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ