骨喰藤四郎

現存する脇差 重要文化財

名の由来は「切る真似をするだけで骨まで切れてしまいそうな切れ味を感じる」といわれることから。

最初の所持者は源頼朝、最終的には豊臣秀吉が手にしたといわれる。

その後、大火により焼け落ちたが、修復を施され、豊国神社に奉納された後、京都国立博物館に寄託されている。

期間限定で公開されることがある。近年では2016年2月に公開されていた。

 

京都国立博物館

〒605-0931 京都市東山区茶屋町527
電話:075-525-2473(テレホンサービス)

京都市東山区茶屋町527


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ